日比麻音子の実家は金持ち?住まいはどこで両親の仕事は公務員だった?

日比麻音子のアイキャッチ

TBSテレビの『日比麻音子アナウンサー』2016年4月1日付で入社して以来、様々な番組で活躍しています。

時には現場からの取材も行い、好感度も高いのではないでしょうか。

そんな『日比麻音子アナ』の〝実家〟が検索される様で、何故なのかを調べて見る事にしました。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

目次

日比麻音子の実家は金持ち?

アナウンサーと言えば、以下のような勝手なイメージがあります。

女子アナの勝手なイメージ…
  • 実家がお金持ちで、大学時代はミスコンに出場。
  • ビジュアルは良くて、今までモテてきた。
  • 時には雑誌のモデルや、芸能活動の経験が少しある。

あくまでも筆者のイメージですが、女子アナはこのようなイメージが。

決して、入社個の基準がこのような事だけを判断している訳ではないと思うのですが、このような経歴の女子アナは、何人位いるのでしょうか?

TBSの『日比麻音子アナ』の場合はというと…

実は小学校から市立へ通っています。

なんでも、実母が保健体育の教師であった勧めで、横浜市の市立小学校へ通っていました。

その後は内部進学で(エスカレーター式とも言うのでしょうか)中学校・高校も同じく私立。

大学は教師の母親の影響で、英語教師を目指していた事もあり、『英米文学科』

大学時代に、教諭免許を取得。

イギリス短期留学。

『ミスコン』に選ばれ『芸能事務所所属』

と、調べて見るとイメージ通りの素晴らしい経歴でした!(笑)

そんな『日比麻音子アナ』の原点ともいえる小学校から市立へ通えるほどの経済力を実家のご両親はもっていたのかと気になってしまいます。

というのも、『日比麻音子アナ』は小学校から市立の学校へ通い、いわゆる〝お嬢様〟

学費はいくらかかるのかというと…

項目年間
授業料(46,000円 / 毎月)552,000円
学園費(5,000円 / 毎月)60,000円
施設維持費(16,000円 / 毎月)192,000円
合計804,000円
【出典:横浜雙葉中学・高等学校HPより】

2022年の学費は年間で『804,000円』

小学校は違う学費かも知れませんが、同じ金額と仮定しても、804,000円×12年=『9,648,000円』

私立は高いと思っていましたが、通わせられる人は限られてきますね…!

日比麻音子の住まいはどこで両親の仕事は公務員?

冒頭の通り、母親は教員。

父親は何の職業をしていたかという情報がありませんでした。

しかし母親が教師だった事もあり、もしかすると父親も教師だったり、公務員のような職業だったのかも知れませんね。

小中学校の教員の平均年収は、およそ740万円

高校の教員の平均年収は、およそ680万円だそうです。

もし、両親の職業が2人とも教員だったとすれば、およそ700万円の年収が2人で、1,400万円。

子供を私立へ通わせる経済力はありそうですね!

ちなみに、『日比麻音子アナ』の実家の場所は分かっておりません。

しかし、学校の場所が『横浜市中区』である事から、横浜市に近い東京都に住んでいたのかも知れませんね!

同じ小学校出身で、TBSアナウンサーの『佐々木舞音アナ』は横浜市出身。

▼TBSアナウンサーの『佐々木舞音アナ』

同じ小学校出身で衆議院議員の『牧島かれん』氏は周辺の横須賀市出身です。

日本人の平均年収でおよそ400万円の家庭では、私立の学校へは通わせる事が出来ませんね…。

最後に

今回はTBSアナウンサーの『日比麻音子アナ』の実家について調べてみました。

『日比麻音子アナ』の実家の場所は明確にされていないが、プロフィールは東京都出身

小学校から高校までは市立へ通っているので、学費が年間およそ80万円かかる。

私立へ通わせる事が出来る両親の仕事は母親が教師で、父親は公表されていないが、もしかすると公務員なのかも知れない。

以上の事がわかりました。

今後も体調に気をつけて無理せずお仕事頑張って下さい!

『日比麻音子アナ』の年収の記事はコチラから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次