コメダ珈琲の豆乳メニュー販売休止の理由は?提供方法の見直しとは?

コメダ珈琲のアイキャッチ

先日、久しぶりに『コメダ珈琲』で昼食を取りました。

決して価格が安い訳ではないのですが、相変わらず、どこのコメダ珈琲もお客さんで賑わっているコメダ珈琲。

11時までは『モーニングサービス』もやっていたり、一人でも気軽に入れて居心地が良いからでしょう。

各席に電源コンセントがあって、一人でもPC作業ができる。

珈琲一杯からでも気兼ねなく、くつろげる。

そんなコメダ珈琲で現在、『豆乳メニューが販売休止』状態ということです。

今回は『なぜ、豆乳メニューが販売を休止しているのか』を調べてみました。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

目次

コメダ珈琲の豆乳メニュー販売休止の理由は?

コメダ珈琲のメニュー

コメダ珈琲へは良く一人で行くのですが、普段は席につくなり直ぐにPCを開いて、決まったメニューを頼むので気付かなかったのですが、現在は豆乳メニューが販売を休止しているようです。

今回は家族と入った時に、ふとメニューに目を向けると『豆乳メニュー販売休止のお知らせ』が。

▼昼食で入ったコメダ珈琲店のメニュー

コメダ珈琲のメニュー
【コメダ珈琲のメニューより】

一人だと理由も調べないですが、家族と入ったので、たまたま『なぜ豆乳メニューが販売を休止しているのだろう?』となりました。

というのも、普段から『豆乳』『牛乳』の類を一切、口にしないので、何せ興味がない私。(夫)

しかし、一緒に入った妻はごくたまに『豆乳』を飲むので、興味を示していました。

牛乳を飲まない変わりに、ごくたまに豆乳を飲む。

そこにはアレルギーの理由で、『牛乳を飲めない人が、豆乳を飲む』と、予想していました。

実際に、今までは豆乳にはカップに『豆』のシール?で、『豆乳』と分かるように印がされていたようです。

コメダ珈琲のメニュー
【出典:Xより】

いつから販売休止なのか

その場でスマホを取り出し、調べて見ると、2023年8月18日に『豆乳メニューの販売休止』の案内が、コメダ珈琲から出ていました。

メニューには『豆乳ドリンクは、販売を休止しております』の文字が

コメダ珈琲のメニュー
【コメダ珈琲のメニューより】

筆者がコメダ珈琲で、今回豆乳メニュー販売の休止を知ったのが2024年2月末になります。

既に半年以上、豆乳メニュー販売が休止されているのですね。

『販売が休止』で、『中止』ではないので、いずれ販売が再開されると、捉えることができるでしょう。

豆乳と牛乳はどちらが良いのか

そもそも『豆乳』と『牛乳』の違いを直ぐに説明ができないし、良く分からない。

しかし、字で書くと『豆』と『牛』との違いわ分かります。

少し検索をしてみると、『豆乳マイスター』のプロが説明している記事があったので、参考にします。

豆乳』は大豆から絞った植物性食品、『牛乳』は牛の体内で血液から作られる動物性食品

色は同じでも、明らかに違うものというのが分かります。

ただ、どちらが良いかは人それぞなので、一概には言えないようです。

飲む人の目的・体質・着目する栄養成分によっても異なることが理由です。

タンパク質は『豆乳』も『牛乳』もほぼ、同程度に含まれていますが、豆乳の方が低糖質・低脂質のためエネルギー(カロリー)が低い傾向にあります。

さらに、脂質の中でも生活習慣病予防のために、なるべく避けたい飽和脂肪酸は、牛乳には含まれていても、豆乳にはほとんど含まれていないのは、豆乳が優れている点だと言えます。

【豆乳マイスター通信より】

ダイエットや、生活習慣病予防の人は豆乳を選んで飲んでいるのだと、考えられますね。

牛乳アレルギー

ウィキペディアで調べてみると、『牛乳アレルギー』が実在するようです。

筆者は、小学生の義務教育の過程の数十年前に牛乳を飲んで以来、牛乳を口にしないので調べた事すらなかったです。

しかし、人によってはアレルギー症状を発症する事もあるようです。

『牛乳アレルギー』とは…牛乳に含まれるたんぱく質に対するアレルギー反応である。食物アレルギー反応としては鶏卵の次に多い。

主な原因は、牛乳に含まれるたんぱく質の一種である『アルファーカゼイン』である。

牛、羊、ヤギの乳では交差反応を示しうる。

アナフィラキシーを発症する事もある。

【引用:ウィキペディアより】

なるほど! 牛乳アレルギーがある事は知りませんでした。

アレルギーを持っている人にしてみると、『豆乳』と『牛乳』のどちらを選ぶかは、かなり重要な問題と言っても良いかも知れませんね。

コメダ珈琲の提供方法の見直しとは?

コメダ珈琲のメニュー
【出典:Xより】

コメダ珈琲のホームページには、具体的になぜ、豆乳メニューの販売が休止されたのかは、記されていないようです。

書いてあるのは以下の内容でした。

豆乳メニュー販売休止のお知らせ

2023.08.23

お客様各位

いつもコメダ珈琲・おかげ庵をご哀願いただきありがとうございます。

豆乳関連メニューの提供方法見直しに伴い、当面の間、豆乳を使用した以下商品の販売を休止いたします。

お客様にはご不便、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【引用:コメダ珈琲HPより】

これは推測に過ぎませんが、コメダ珈琲側が『提供方法見直しに伴い』と示している。

と言う事は、今までの方法では『豆乳と牛乳』の区別が完璧にできなかった。

もしくは、何等かの理由で、お客様が『豆乳と牛乳』の認識を間違えた。

などが考えられないでしょうか。

いずれにしても、2024年2月末の時点では、少なくとも筆者が伺った『コメダ珈琲店』では『豆乳メニューの販売が休止』されていました。

これは全国のコメダ珈琲ではない可能性もありますが、豆乳メニューの販売の再開は、明確には分かっていない状況です。

そして、『販売方法をどのように見直すのか』は明確には分からない。

今後、再販した時に確認するしかないようです。

ちなみに、コメダ珈琲で販売していた豆乳自体は、一般的な豆乳で、決して悪いものではないようです。

【出典:Yahoo!知恵袋より】

最後に

今回は、コメダ珈琲で販売を休止している豆乳メニューについてなぜなのか、理由を調べてみました。

豆乳メニューの販売休止理由は、明確には分かっていない。

豆乳メニューの販売を休止したのは、『豆乳関連メニューの提供方法見直しに伴い』とコメダ珈琲側が言っている。

豆乳と牛乳とは明らかに異なる食物。

牛乳にはアレルギーが出る人もいる。

以上のことが分かりました。

今後もコメダ珈琲に行くのを楽しみに、利用させて頂きます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次