桝太一の現在はバンキシャ1本?年収は激減で妻は怒り心頭だった?

桝太一アナのアイキャッチ

2022年3月をもって、日本テレビを退社した『桝太一アナウンサー』

現在は、日曜夕方の報道番組『真相報道バンキシャ!』の司会をしています。

恐妻家としても有名で、妻には頭が上がらない印象が強い『桝太一アナ』

妻は桝太一アナがフリーアナウンサーになる事を、どう感じていたのでしょうか。

気になる年収と共に調べてみましたので、ぜひ最後までお付き合い下さい!

目次

桝太一の現在はバンキシャ1本なのか

桝太一アナは、日テレを退社した現在、「ソニー・ミュージックアーティスツ」所属で芸能活動を行っています。

フリーアナウンサーという立場で番組出演を継続していて、『バンキシャ』以外の番組にも出演しています!

桝太一アナが日テレ退職後に出演する番組…
  • 『真相報道バンキシャ!』
  • 『ザ!鉄腕!DASH‼』内の企画『DASH海岸』

ちなみに「ソニー・ミュージックアーティスツ」には1989年に日テレを退職した『徳光和夫さん』も所属しています。

徳光和夫さんは、日テレを退社した理由を、次のように言っています。

『管理職をするようになったら、今までやった事のない事務仕事もしなければいけない。 人の上に立って、人を監理する事は(自分には)できない』

徳光和夫

俺は事務職ではなく、現場で生きていきたい!!

もしかすると桝さんも、大先輩である徳光さんに『フリーになる事』を相談したのかも知れませんね!

そんな桝さんは現在、『同志社大学ハリス理化学研究所』で 〝マスメディアの科学コミュニケーショ〟の研究をおこなっているようなんです。

『同志社大学ハリス理化学研究所』で 〝マスメディアの科学コミュニケーショ〟の研究をおこなっている桝太一アナ
【出典:https://kendb.doshisha.ac.jp/profile/ja.1e7354c7c4e09ffb.html

大学初年度は、サイエンスを伝える色々な場所と人を巡って働きかけて、“仕込み”にいそしんできたつもりです。頭の中が居一杯になるくらいインプットの機会をもらえました!

【引用:インスタグラムより】

桝さんと言えば…

桝太一アナと言えば…
  • 海で魚と取って生体を調べたり…
  • 珍しいアゲハ蝶の研究をしたり…
  • 海や、川の生き物の研究をしたり…

そんな印象が強い桝さん。

生き物の研究と思いきや、別の事をしているとは少し意外な気もしますね!(笑)

現在の年収は、日テレ時代と比べてどう変わったのでしょうか。

フリーアナウンサーになる事で、妻の反応はどうだったのでしょうか…!

恐妻家として有名な桝さん。

妻を、どのように納得させたのでしょうか…?

桝太一の年収は激減で妻は怒り心頭?

2006年に日テレに入社してから、2022年に退社するまで16年間、日テレでアナウンサーをしていた『桝太一アナ』

同期入社のアナウンサーも、何人か退職してフリーへ転身しています。

桝太一アナも2022年に退社した訳ですが、収入面では言わば安定していた局アナ。

恐妻家で有名な桝太一アナですから、日テレを退社した事で妻の反応はどうだったのでしょうか。

フリーの収入は

例えば、元HNKの社員だった『登坂淳一さん』

NHKの平均の給与は民放よりも低いようで「1,100万」だそうです。

低いと言っても、一般企業に勤める日本人の平均年収より、はるかに多いです!(笑)

登坂さんは「NHK全然高くないです!」と即答していた。ちなみに安東さんが調べたNHKの年収は「平均で1100万円」だという。

【引用:キャリコレニュースより】

テレビ1本分、ラジオ1本分のギャラは出演時間がそれほどでもないのに、こんなにあるんだ!と驚かれたそうです。

フリーの登坂淳一

フリー転身後の収入は、驚くほど上がりました!!

フリーに転身してしまう人が多いほど、テレビ局の給与は安いのでしょうか…

各局の年収早見表

各局の年収早見表
【出典:転職・就活のまどサラリーマンより / 2019年度版テレビ局平均給与ランキング】

各局の、年収データがありますので参考にしてみましょう。

およそ1,000万~1,500万ほどが多い印象です。

一般企業の目線からでは、決して低くありませんね…。(苦笑)

桝太一アナも、この表の通り、1,400万円ほどの収入があったのではないでしょうか。

日本経済が疲弊している現代でのサラリーマン所得からみると、羨ましい給与ですよね!

また、フリーになると、どれだけの収入が上がるのか。

データを基にみて行きましょう!

▼2015年フリーへ転身後の予想年収

2015年フリーへ転身後の予想年収
【出典:日刊大衆より】

参考にするのは、女子のフリーのランキングです。

2015年と、少し古いランキングですが、この中では既に多くのアナウンサーがフリーへ転身しています。

人によって幅の開きが凄いですが、こんな収入が変わるのであれば、フリーへの転向も検討してしまいますよね…!

収入面もそうですが、フリーになれば自分のスケジュールは自分で組み立てる事ができます。

他にも、自分のやりたい事ができるのもフリーへ転身するメリットとしては大きいのではないでしょうか。

以前、桝太一さんがテレビの中で『フリーへ転身しないんですか?』

と、聞かれていた時にこんな答えをしていました。

桝太一

会社愛がありますし、妻も現在の安定したポストを優先する事を望んでいますので…。

…と、確かこんな意味合いの内容を話していたのを、薄っすら覚えています。

ではなぜ、フリーへ転向することを奥さんは許したのでしょうか。

昔から 〝フリーになる事は絶対に反対していた〟というのにも関わらずです。

それは、フリーになる事が目的ではなく、研究が第一の転職が目的だからです。

『今よりも収入がアップするからフリーになりたい!』

…ではないんですね。

桝さんの場合は、自分が興味のある〝研究がしたいからフリーになる〟

研究の方が優先順位が高いんですね!

フリーになれば、収入もそこそこ入ってくるし、大丈夫だと踏んだのでしょう。

桝太一の恐妻

フリーは絶対ダメだからね‼ でも転職ならしょうがないな…

転職後、桝さんの奥さんも働いているそうですし、共働きをしていて家計は問題なさそうです。

現在の桝さんの収入は、少ない番組出演で、日テレ社員の頃よりも少なくなっている可能性があります。

それでも、少しの番組出演だけで驚くほどのギャラが入るという元HNKの『登坂淳一さん』

登坂淳一さんの言葉を参考にするのであれば、500万~600万円ほどの年収はあるのではないでしょうか。

更に言うと、日テレアナウンサーのみであれば、今後大幅な収入も望めたかも知れません。

しかしそうはせず、自分のやりたい事を突き詰める道を選んだ『桝太一さん』

カッコいいです‼

最後に

今回は、日テレ退職後の桝太一アナの出演番組と、年収について奥さんの反応を見て来ました。

桝太一アナは、2022年に日テレ退職後、『バンキシャ』1本だけではなく、『鉄腕DASH』にも出演している。

日テレの局アナ時代の年収は1,400万円ほどと推測できる。

フリーアナウンサーへ転身後は、年収が激減しているものと推測できる。

フリーのギャラは人によっては高いので、桝太一アナの場合も高い可能性がある。

桝太一アナの妻は、フリーへの転身は反対していたが、研究の為のフリー転身は許している。

以上の事が分かりました。

今後も自分の為、そして家族の為に楽しんで研究を続けて下さい♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次