松平健の若い頃がイケメン過ぎ!入社を断られた芸能事務所があった?

松平健の若い頃のアイキャッチ

俳優・歌手・タレントなど、さまざまな顔を持つ松平健さん。

世代によって松平健さんのイメージが違うと言う人も多いかも知れません。

筆者である私の印象は「暴れん坊将軍」一択の印象です。

なので、他の時代劇に出演すると『実は将軍様じゃなかったっけ!?』と、脳内パニックが起こります。

そんな松平健さん、若い頃はかなりのイケメンなんです!

今回は、松平健さんの若い頃が『まるでジャニーズじゃないか』と言わんばかりのイケメンぶりなどを紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

目次

松平健の若い頃がイケメン過ぎる

若い頃の松平健
【出典:暴れん坊将軍より】

2023年11月28日時点で松平健さんは、70代になっています。

年齢を重ねてもカッコ良さは健在で、 “威風堂々とした佇まい(たたずまい)” は、永遠の将軍様という印象しかない筆者のイメージです(笑)

現在でもこんなにカッコイイんですから若い頃は相当なカッコ良さだったのだと想像できます。

ふと検索してみると「ジャニーズ」の文字が。

松平健さんがジャニーズ?

そんな訳はないと思いながら調べて行くと謎が解けました。

▼松平健の検索結果

松平健の検索結果

松平健さんの若い頃が、同じく「若い頃の長瀬智也さんに似ている」と思っている人がいるということでしょう。

長瀬智也さんと言えばジャニーズです。(2023年以降はスマイルアップ)

顔の彫が深いようで、爽やかな顔立ちに全てを見透かされているような、眼差し。

若い頃は、相当カッコ良かったのではないでしょうか。

松平健の若い頃のイケメン姿

筆者が小学生の頃、親が毎週のように「暴れん坊将軍」を見ていて、松平健さんは「上様」の顔の印象しかありません。

松平健さんの若い頃は現役では知らないのですが、暴れん坊将軍は1978年~2002年にかけて15年間もやっていた時代劇。

放送初期の松平健さんは35、36歳頃で十分若かったんですね。

そんな暴れん坊将軍の初期の若さに溢れ、少しギラギラしているようにも見える松平健さんがコチラ。

若い頃の松平健
【出典:暴れん坊将軍より】

若い頃はメチャメチャ、イケメンですね♪

暴れん坊将軍は初期の頃に「吉宗評判記」というサブタイトルが付いていたのも意外です!

この頃の松平健さんを見ると、本当に若い頃の長瀬智也さんに似てる

並べると、画像の頃の松平健さんが相当若いのが分かりますね。

若い頃の松平健と長瀬智也

更にもう少し若い頃を見ると、本当にイケメン!

松平健さんの〝デビュー間もない〟頃の画像もありました。

https://twitter.com/elko30666/status/1651924371685113856

松平健さんのデビューは1972年。

テレビドラマ「マドモアゼル通り」です。

この時期に、現在の芸名に改名しています。

1972年当時、バレーボールの日本代表監督として金メダルへ導いた「松平康隆さん」と「松平健」さんが由来していると言われています。

1974年には「勝慎太郎」主宰の「勝プロダクション」入り。

「勝氏」の付き人を務めながら、「勝氏」が主演のドラマ「座頭市物語」に出演するなどして経験を積みます。

そんな松平健さん、高校中退後に寿司職人となったそうですが当時、憧れていた俳優がいたそうです。

一体誰でしょうか。

松平健が入社を断られた芸能事務所があった

松平健
【出典:Xより】

高校中退後、寿司職人となった松平健さん。

1963年、石原プロの『太平洋ひとりぼっち』を17歳頃に映画でみて、〝冒険しなければいけない!〟

と思い立って俳優を志したそうです。

憧れとしていたのは「石原裕次郎さん」で、1970年に上京。

当時は雑誌などに住所が掲載されていたそうで、直接石原裕次郎さんの自宅へ訪ねて行ったということです。

松平健が若い頃を話す
【出典:YouTubeチャンネルより】

「石原プロモーション」に入社を直訴するも『現在は募集していない』と叶わいませんでした。

そこで、別会社である〝宝映テレビプロダクション〟へ入社します。

そこでの芸名は松本二郎。

ちなみに同僚には「稲川淳二さん」がいたそうです。(笑)

「石原プロ」は、令和4年6月に法人格が消滅していまうが、設立は1963年と古い歴史があります。

 1963年 太平洋ひとりぼっち

 1966年 栄光への挑戦

 1968年 黒部の太陽

 1969年 栄光への5000キロ

※一部抜粋

1967年~1969年は一時的に石原プロの経営が潤った時期です。

松平健さんが石原プロに憧れたのは、この時期ですね。

日本でも有名な石原裕次郎が率いるプロダクションなので、入社したい人は多くいたのでしょう。

石原プロは、収益を自社の映画製作の膨大な製作費に充てていた状況で、映画産業そのものの衰退時期のあおりを受け、8億円近い負債を追ったと言われています。

会社存続が危ぶまれた時に、石原裕次郎さんを慕って渡哲也さんや、他の俳優が所属するようになり、テレビへ進出していきました。

石原プロがテレビへ進出してから刑事ドラマ『太陽にほえろ!(1972年~1986年)』にも松平健さんは新人刑事役テストに行っていたそうですが、残念ながら実現していません。

[宮内] 身長は180cm以上が基準だったから、誰がテスト受けているか大体分かるんだよな。 それでゴリさん(峰雷太)やヤマさん(露口茂)と、『あれがいいこれがいい』って言い合ったりするんだ。

[木ノ元] 僕がでている時に「松平健さん」も来ていました。 実現すればサンバ刑事だったんでしょうか。

[宮内] 当時、松平さんと飲んだけど、岡田晋吉プロデューサーが求める青春の荒々しさは、彼には無かった。やはりロッキーの方が目立っていたよ。

【引用:Asagei plusより】

▼ロッキー刑事

当時は “青春の荒々しさが求められていた” のですね。

確かに松平健さんは若い頃から威風堂々としたイメージですが、見る人によってはドラマのイメージと違っていたと言う事でしょうか…。

もし松平健さんが、「太陽にほえろ!」に出演していれば、現在の立ち位置とは、また違った活躍をみせていたのかも知れませんね!

▼左/40代の石原裕次郎 右/松平健

左/40代の石原裕次郎 右/松平健

ちなみに石原裕次郎さんは、52歳の若さでご逝去されていますが、刑事ドラマに出ていた頃は40代。

とても貫禄があり、それこそ “威風堂々とした佇まい” でしたね!

当時の松平健さんは、石原裕次郎さんに憧れていたと言う事ですが、特に石原軍団になりたかったと言う事ではなさそうです。

憧れていたのは「石原裕次郎さん」だったのかも知れませんね!

最後に

今回は松平健さんの若い頃を少し探ってみました。

現在のテレビ俳優が〝かすんで見える〟ほどイケメンでしたね!

松平健さんは若い頃、ジャニーズと言ってもおかしくないくらいのイケメンだった

松平健さんはデビュー当時、石原裕次郎に憧れていたが、石原プロに所属できなかった

松平健さんは若い頃、石原プロの『太陽にほえろ!』の新人刑事役のテストの応募に行ったが実現しなかった

以上の事が分かりました。

松平健さんが当時、石原プロに所属していれば「暴れん坊将軍」はやっていなかったと思うと、結果的に良かったのかも知れませんね。

まだまだ今後のご活躍を応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次