オードリー若林の現在の車が豪華!ハイブリッドに乗り換えた理由は?

オードリー若林のクルマのアイキャッチ

「オードリー若林さん」は、番組内で「三菱パジェロ」を当てなかったらクルマ好きになっていなかったと言います。

それ以降、「トヨタランドクルーザー」への乗り換え、意外にも(?)車好きとして知られています。

クルマ好きと言っても機械をいじったりするのではなく、パーキングで車中泊をしたり、クルマに乗っているのが好きと言う事です。

クルマを運転したりと、クルマがある生活をうまく楽しみに変えているのでしょう。

今回は若林さんの現在乗っているクルマについてのお話です。

是非、最後までお付き合い下さい!

【出典:Amazon /ナナメの夕暮れ:若林正恭】
目次

オードリー若林が以前に乗っていたクルマとは

若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:インスタグラムより】

番組内『じゃないとオードリー』でオードリー若林さん所有の車種が出ていました!

「オンオフ」が激しいオードリー2人が、「オフ」の状態でも、仕事モードを保つのか

と言う番組内での企画に登場したクルマで所有しているクルマが分かりました。

『もう仕掛けてある、若林くんの車に。』

と言う事で始まった企画。

ナンバーにモザイク処理されている事から、オードリー若林さんのクルマです。

若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:BSテレ東 じゃないとオードリーより】
若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:BSテレ東 じゃないとオードリーより】
若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:Xより】
若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:Xより】

ちなみに若林さんのCH-Rはテールランプ形状のウインカーがLEDではなく、電球なので『前期型』です。

若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:トヨタCH-R公式サイトより】
若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:トヨタCH-R公式サイトより】
若林が乗っていたトヨタCHR
【出典:トヨタCH-R公式サイトより】

後期型はシーケンシャルランプ(LEDが流れるウインカー)に変更されています。

また、若林さんのCH-Rがハイブリッドであるのかと言うと、詳細は分かりませんでした。

しかし、ラジオトーク内で『ハイブリッド』の話をしていた事から『CH-R』がハイブリッドの可能性が高いと考える事が出来ます!

オードリー若林のクルマと言えば「トヨタランドクルーザー」

若林が乗っていたトヨタランドクルーザー
【出典:Xより】

2017年の『オールナイト日本』でのトーク番組で発言しています。

この時は、既にハイブリッドへ車を買い替えていた(ランクルからCH-Rへ)ようで、以下の理由を熱く話していました。

①. トヨタの営業マン「ナガイちゃん」のおススメ
②. 燃費が良い
③. 小型だから運転しやすく、駐車場に入れやすい。

購入してみると、燃費も保険代も安い。

しかもテレビ局の駐車場で、いじられない。(ランクルは若林さんに合わないと思われ、いじられる)

しかし、本人の若林さんは『世間ではランドクルーザーの若林が定着してるでしょ!?』

と、ランドクルーザーを相当、お気に入りだった様子が伺えます。

ちなみにハイブリッド(CH-R)に乗り換えた事を『小木さん』に怒られたそう。

小木さんと言えば、過去に若林さんは「おぎやはぎの愛車遍歴」に出演しています。

『車と共にその人の人生を振り返る』番組内では車好きとして『ランクル』と一緒に出演していました。

小木さんから言われた事を若林さんはこう言っています。

『若林がランクルに乗っているのがトンガっている様で逆に良かったのに!』

おぎやはぎ小木

ランクルに乗っているのがトンガっている様で逆に良かったのに!

▼威風堂々としたスタイリングが健在の「トヨタ・ランドクルーザー」

トヨタランドクルーザー
【参照:トヨタ公式HPより】

「トヨタ・ランドクルーザー300」の排気量は3000ccを超えて来ます。(昔は4000ccを超えていたはずです)

ランドクルーザーのような大きな堂々とした外観で、低燃費であり2000ccという排気量で、結局は維持しやすいボルボへ若林さんが乗り換えた理由が分かる気がします。

オードリー若林さんの愛車遍歴

ランドクルーザー(先輩たちや、ザキヤマさんにいじられた)

CH-R(ランクルより車格が低いが、維持費は安い)

ボルボ(ランクルには戻れないので、ランクル同等の車格をもったクルマにした)

しかしボルボの前に、若林さんがランドクルーザーから降りてCH-Rに乗り換えた理由を、明確に話している場面がありました。

ランドクルーザーを乗り換えた理由

『ザキヤマさん』にランクルをいじられる若林さん
【出典:「動画はじめてみました」より】

先輩たちに『お前がランクルに乗ってるの引くわ』と言われ、『ザキヤマさん』にも〝いじられ〟るのが、耐えられなくなったそうです。

先輩たち

お前がランクル乗ってるの引くわ…

オードリー若林

ザキヤマさんが駐車場で、凄い避ける

テレビ局の駐車場で〝いじられる〟と言っていましたが、『ザキヤマさん』のことだったのですね!

『ザキヤマさん』は、凄いオーバーなリアクションで、いじってくるので耐えられず、『小さなクルマに乗り換えた』と言う事を話しています。

しかし、ずっと欲しかったクルマを〝いじられた〟だけで乗り換えるでしょうか。

もしかするとモデルチェンジで新しいクルマに乗り換えを考えていた際に、近年話題となっている「半導体不足」や、トヨタのランドクルーザーが売れすぎて「納車が遅れる」「盗難が多い車で有名」なども、理由になってくるのかも知れませんね。

オードリー若林の現在のクルマは「ボルボXC60」

ボルボXC60に乗る若林
【出典:オードリー若林の東京ドームへの道より】

オードリー若林さん、気が付いたらボルボXC60へ乗り換えていました。※2023年6月時点

ハンドルに付くエンブレムはまさしく「ボルボ」のエンブレム!

車体の色は「白」どうやらグレードは「XC60」のようです。

※オードリー若林さんの実車とは異なります。

ボルボXC60

ボルボXC60

【新車価格】689万円~819万円

【車体サイズ】全長4710mm×幅1900mm×全高1660mm

【排気量】1968cc

※オードリー若林さんの実車とは異なります。

オードリー若林さんと言えば「トヨタ・ランドクルーザー」のイメージではないでしょうか。(本人も言っています)

しかし今回乗り換えたのはトヨタではなく、威風堂々とした外観の「ボルボ」

日本の狭い道では取り回しがしづらい場所もでてくる程のサイズ感!

▼ボルボXC60の内装

ボルボXC60の内装
【参照:ボルボ公式HPより】

とりわけ全幅が1900mmと言うサイズは、「トヨタ・ランドクルーザーの全幅1885mm」に匹敵するサイズです。

このボルボ、堂々とした見た目とは違い、2000ccの排気量でハイブリッド。

メーカーカタログ値で「14.3km/L」も走るとされています。

若林さんがボルボへ乗り換えた理由は…

「ハイブリッド車」を探していたのではなく、見た目が大きくて「トヨタ ランドクルーザー」のようにカッコ良くて豪華が車が、たまたまボルボの「ハイブリッド車」だった。

そんな理由な気もしますね!

オードリー若林さんがクルマをボルボ(ハイブリッド)に乗り換えた明確な理由は、ハイブリッドのCH-Rも良かったものの、やはり、物足りなさを感じたからなのかも知れません。

ランドクルーザーの時に、先輩たちに〝嫌味を言われ〟『ザキヤマさん』には〝いじられ〟た過去があります。

新しいランドクルーザーには乗れない…。

ではランドクルーザーに匹敵するような車格がある『ボルボに乗ろう!』

そんな所ではないでしょうか。

最後に

今回はオードリー若林さんが乗り替えた車を紹介しました。

今まではトヨタランドクルーザーに乗っていたが、2023年6月時点でボルボへ乗り換えていました。

『ランクル』は芸人の先輩たちや『ザキヤマさん』にいじられのが耐えられずにハイブリッドへ乗り換えた。

ハイブリッド(CH-R)に乗っていたがボルボへ乗り換えた理由は明確に分からない。

ボルボは排気量が小さい割に、車格が大きくランドクルーザーに引けを取らない

芸能人なので外車に乗りたい。

ボルボに乗り換えたのは、そんな理由なのかも知れませんね。

次に買い替える際は、どんななのかを楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次