ZARD坂井泉水の死因は子宮頸ガン?転落事故は不自然だった理由は?

ザード坂井泉水の転落死のアイキャッチ

ZARD坂井泉水さんが亡くなったのは2007年5月27日。

早いもので、もうすぐ20年になる頃ですね。

40歳でお亡くなりになるという早すぎる年齢で、とても残念でしたね。

今回はZARD坂井泉水さんの死因

〝子宮頸ガン〟〝転落事故〟の事について、触れてみたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い!

目次

ZARD坂井泉水の死因は子宮頸ガン?

坂井泉水

音楽を聴くのにはまだCDが主流だった頃、良くZARDの曲は流れていました。

cmでも確か、〝ポカリスウェット〟で曲が使われていたので、印象に残っている人もいるのではないでしょうか。

坂井泉水さんが亡くなったのは、2007年5月27日。

当時、突然亡くなった事が報道され、その死因が、あまりよく分からないままの印象でした。

転落? 病気?

大人になるまでの現在まで、結局よくわからないまま…

先ずは〝ウィキペディア〟で検索してみると、病歴と亡くなるまでの経緯は以下の通りです。

坂井泉水さんが亡くなるまでの軌跡…
  • 【2000年以降】…「子宮筋腫」「卵巣のう腫」「子宮内膜症」と次々に病気を患い、通院の日々が続いた。
  • 【2006年4月】…仕事中に体調が悪化した為、病院で検査を受けた所「子宮頸がん」が発見される。
  • 【2007年4月】…肺への転移が見つかり再入院。抗がん剤の治療を受ける。
  • 【2007年5月26日】…午前5時40分頃…入院先の慶應義塾大学病院内のスロープ状になっている高さ3mの場所から転落した。
  • 【2007年5月27日】後頭部強打による脳挫傷の為、緊急手術を受けたが、午後3時10分に死去した。享年40歳。

直接の死因は転落時の〝後頭部強打による脳挫傷〟という事になります。

坂井泉水が亡くなる事を伝える報道記事
【出典:Xより】
坂井泉水が亡くなる事を伝える報道
【出典:Xより】

当時の「日刊スポーツ」によると、写真入りで掲載されていますが、「3mの場所から転落した」という事です。

〝がん入院中…自殺と事故で捜査〟の見出しが出ていますが、直接の死因は「事故」として結論付けられているようです。

入院する事になった理由の「子宮頸ガン」

坂井泉水さんは「子宮頸ガン」になるまでに「子宮筋腫」「卵巣のう腫」「子宮内膜症」と、2000年以降さまざまな病気になっていたようです。

2000年と言うと、坂井泉水さんが33歳ころでしょうか。

デビューが1991年ですから、病気になるまでの元気な期間はおよそ10年。

その期間は、物凄い売れていたのでしょう。

そして「子宮頸ガン」が発見されたのは2006年で39歳。

まだまだ全然若いですよね。

「2007年に入院して転落」

と言う事になる訳ですが、こう考えると本当に早すぎますよね…。

日本人にはガンが多い

1947年以降、ガンで亡くなる人が増え始め、1980年頃から更に多くなる表
【参照:nippon.comより】

ちなみに日本人は「ガン」で亡くなる人が圧倒的に多いです。

亡くなる人の原因で1位なのが、「ガン」と言う事を知らない日本人は多いのではないでしょうか。

何となく「ガンは2人に1人」

という事を聞いた事があるだけで、ガンで亡くなる人数を教わる機会がありません。

坂井泉水さんは一説によると〝ステージ4〟だったとも言われているようです。

【参照:ツイッターより】

「子宮頸がん」になる前も色んな病気を経験し、2000年~2007年までの7年もの間は、病気と過ごす日々だった事になります。

1947年以降、ガンで亡くなる人が増え始め、1980年頃から更に多くなります。

現在では圧倒的に多く、年間「38万人」もの人が亡くなる〝国民病〟といっても良いかも知れませんね。

年表を時代背景と共に追って、食文化や私たちの生活の変化に目を向けると、その原因がわかると思います。

30代の坂井泉水さんにとっては、もっと他の楽しみに目を向けたりしたかった事でしょう。

ZARD坂井泉水の転落事故は不自然だった理由は?

ザード坂井泉水が亡くなる事を伝える検証報道
【出典:Xより】

坂井泉水さんの直接の死因転落による脳挫傷という事でした。

では、なぜ転落したかという事が疑問に残ります。

考えられる事は以下の3つではないでしょうか。

①.自身の病気の事で思いつめ、自ら命を絶った。

②.何らかの拍子に運悪く転落してしまった。

③.第三者の手によって転落してしまった。

①.自身の病気の事で思いつめ自ら命を絶った

ザード坂井泉水が亡くなる事を伝える報道
【出典:Xより】

日刊スポーツの記事によると、転落した場所は「3m」とあります。

テレビ番組で更に細かく検証した結果、実際の高さは「2m50センチ」だったようです。

自らの意思で飛び降りる事を考える説ですが、闘病中も坂井泉水さんは、再始動を目指していたはずです。

事実として〝ウィキペディア〟にも記載されており、入院して治療していますので、病気を完治させて前向き考えていたはずでしょう。

現場の場所は、坂井泉水さんのお気に入りの場所だったらしく、時間も朝の午前5時40分ころと早い時間です。

朝日を見る為に、ひとりで転落した場所を訪れた事には、違和感はないとも感じます。

坂井泉水さんは治療後のアルバム制作とコンサートツアーに向けて作詞を行うなど、再始動を目指していた。

【引用:ウィキペディアより】

もしかすると、さまざまな病気になってしまう自分自身が、瞬間的に嫌になったりする事も考えられますよね…

②.何らかの拍子に転落してしまった

ザード坂井泉水が亡くなる事を伝える検証報道
【出典:Xより】

当時、番組で転落した事を検証していたようです。

もし〝ふらつく〟などして、運悪く転落してしまったとすれば、どのように転落したのでしょうか。

建物内の通路に立っていたのであれば、坂井泉水さんの肩ほどまでの柵の高さが高く、転落するのが難しい状況です。

他に考えられるのは、〝肩ほどの高さの柵に自ら上り座る〟ことでしょう。

そして運悪く『バランスを崩して転落してしまった』

実際に警察では、この様な状況で、検証されていたようです。

③.第三者の手によって転落してしまった

▼当時のニュース映像より

ザード坂井泉水が亡くなる事を伝える当時の報道
【出典:YouTubeチャンネルより】

この説は調べてみると〝ひっかっかる人が多くいる〟ようで、検索するといろいろな説が出ているようです。

治療にも前向きで、今後のコンサート、アルバム制作に希望を持っていた坂井泉水さん。

生きたいと思っているから、治療をしていたのでしょう。

第三者によるもの。

そうだとすれば一体、何の目的があったのでしょうか。

あまりに売れすぎていたから?

もし、死因が第三者によって転落したとして、事故として結論付けられているとすれば、もしかすると闇が深いのかも知れませんね…

【参照:ツイッターより】

最後に

今回はZARD坂井泉水さんの死因について調べてみました。

2000年以降の30代は、病気に悩まされていた。

2006年に「子宮頸がん」が発見され、2007年に入院先の病院で転落死した。

最終的な死因は、柵から誤って転落した「事故死」が表向きには報道されていたようだ。

現場の柵の高さは胸以上に高く、自ら登って柵に腰掛けるだろうか、疑問に残る。

以上の事が分かりました。

結局のところ、〝誤って転落〟してしまった。

という事で、捜査が終わったような印象ではないでしょうか。

真相は、本当に誤って転落したことなのでしょうか…。

▼ZARD坂井泉水の実家の記事はコチラから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次